Amazon.co.jp ウィジェット Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... NEX-7の秘密兵器 αレンズをフル機能でマウントできる最新レンズアダプタ LA-EA2 - Drift Diary XIII

« SOMAエリアのオススメThaiレストラン Grand Pu Bah | メイン | サンフランシスコのジャパンタウンとは? »

NEX-7の秘密兵器 αレンズをフル機能でマウントできる最新レンズアダプタ LA-EA2

ソニーNEX秘密兵器、新型αマウントレンズアダプタLA-EA2の紹介です。

DSC_9187.jpg

初代NEX発売時からαマウントレンズをNEXに装着する純正アダプタは発売されていて持っていたのですが、これはNEX-7発表時に同時に発表された二世代目のレンズアダプタです。

DSC00172.jpg

初代レンズアダプタもアダプタなのにファームウェアアップデートで機能が強化されたりして驚きだったのですが、二世代目はもっと劇的な進化を遂げています。

DSC00175.jpg

この開封時の注意書きがその進化を物語っているのですが、なんとこのアダプターには内部に半透明ミラーが装備されているのです。なので、この注意書きはアダプター内部に指を突っ込んじゃダメよという警告です。

DSC00176.jpg

中には厳重に保護されたアダプターが専用ケースに入れられてました。

DSC00178.jpg

専用ケースを開けるとアダプターご対面。なんかゴツイですw

DSC00180.jpg

そしてアダプター本体にも駄目押しのように再度指入れないでねという警告が!

DSC00181.jpg

どういうことかと言うと、従来のαマウントアダプタでもマニュアル撮影だけでなくオートフォーカスにも対応していましたが、お世辞にも実用的とは言えないオートフォーカス機能でフォーカスを合わせるのに冗談抜きで5秒とかそういうオーダーの時間がかかってました。

これは遅すぎて使い物にならずNEX-5のマニュアルフォーカスアシストが優秀だったこともありもっぱらマニュアルフォーカスで撮影していました。

DSC00182.jpg

アダプター上部にはTranslucentの文字が自己主張してます。持っているαマウントのレンズはDT 2.8/30 MACRO SAMというその名の通りマクロレンズ一本なので物撮りのマクロ撮影時にならマニュアルフォーカスでもあまり不便がなく使うとはできてました。逆にそれ以外の用途では利用が難しかったのです。

DSC00183.jpg

しかしこの新型のマウンタは内部に半透明ミラーを装備することでα65やα77のような半透明ミラーカメラと同等の性能になります。乱暴な言い方をすればNEX-7がα65(3点クロス15点AFセンサーカメラ)に変身してしまうようなものです。

DSC00185.jpg

実際NEX-7とα65ではセンサー部分に大きな機能差は無く大袈裟ではない話なのです。

DSC_9187.jpg

アダプタの中に半透明のミラーがあるのが↑この写真からわかりますかね?

DSC_9190.jpg

旧レンズアダプタと並べてみるとかなりサイズも違うことがわかります。

DSC_9189.jpg

このアダプタを使うとオートフォーカスが標準のEマウントレンズと同等に機能するようになります。半透明ミラーのα一眼レフを使ったことがないのでどの位性能差があるのかは正確には比較できませんが、少なくとも違和感無く高速にフォーカス合わせることが出来ます。

という事でここ数日のブログエントリの写真はNEX-7+LE-EA2+30mmマクロという組み合わせで違和感無く街中のスナップ撮影を行ってました。

DSC_9195.jpg

実際にNEX-7に装着するとこんな感じ。かなり迫力はありますw こんなアダプタの着ける位ならα65買った方がいいじゃんというツッコミも同意できますが、それでもまだNEX-7にサイズ的なアドバンテージがありますし現状Eマウントレンズの選択肢が少ない事や将来のαへのステップアップを考えた時の資産としてもレンズが流用できるのでまさに秘密兵器と言っても過言ではないです。

DSC_9196.jpg

昔のPowerBook Duoみたいにドッキングステーションでデスクトップに早変わり的な機能アップができるってのは嫌いじゃないです。 NEX-7どこまでも素晴らしいカメラです!

ちなみにこのアダプタはNEX-7以外のNEXシリーズでも利用できます。

関連リンク

Posted from DPad on my iPad

このエントリーをはてなブックマークに追加

Disclaimer: このブログは筆者の個人的なものです。ここで述べられていることは全て私の個人的な意見・感想に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。