Amazon.co.jp ウィジェット Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... AppleTVで塔の上のラプンツェル (日本語吹替版) を見た - Drift Diary XIII

« MacBook Air 11inchでChromiumのソースを弄ってみて分かった事 | メイン | カルビー in サンフランシスコ »

AppleTVで塔の上のラプンツェル (日本語吹替版) を見た

久々に映画見たいなぁと思ってAppleTV経由iTunesで面白そうな映画を探してみるも、あまり惹かれるものがないなぁと思いつつ、@kurobozuの主張でラプンツェルを見ました。

正直、今時のピクサー以外のディズニー映画ってあんまり見る気がしなくて、気が引けなかったし、レビューなどで評判が高いCGクオリティも、プレビューで見る限りは惹かれるレベルではなかったので、気乗りしなかったのですが、見てみたら目からウロコ。

めっちゃ良く出来てました。今回、日本語吹き替え版見たけど、かなりローカライズされてるので、字幕版ももう一度見てもいいかなと思えるレベル。

01_wallpaper_1280

よく見たら、製作総指揮はあのピクサーのジョン・ラセターじゃないですか。

なんていうか、ディズニーとピクサーの融合というか良い所取りしたした感じ?

実際、見終わった後、ラプンツェル ジョン・ラセターとかでググッてみると、かなり評判が高いですね。あまりディズニーに興味がない男性からも評判が高いってのが、まさに自分と同じ感じ。 

ジョン・ラセターすごいなぁ。監修でそんなに変わるものかと。
先日ウォルト・ディズニーミュージアムに行ったときに、実はジョン・ラセターは、ウォルトが作ったアニメーション学校の第一期生だということを知ってビックリしたのですが、そのジョン・ラセターが、ウォルトなき今、ディズニーを復権させようとしているという事実にも不思議な運命を感じずにはいられないです。

ということで、一見地味な映画(?)ですが、あまりディズニーに興味ない人も絶賛おすすめしたいです。

あ、あと、ラプンツェルの髪の設定は、最初びっくりするけど、よく考えてみると、スパイダーマン的な映像演出にも一躍買っていてよく出来てるなぁと思った。

しょこたんの吹き替えもかなりいい感じで、字幕派の人も日本語吹替は一考の価値ありです。

塔の上のラプンツェル(日本語吹替版)
塔の上のラプンツェル(日本語吹替版)

塔の上のラプンツェル(字幕版)
塔の上のラプンツェル(字幕版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Disclaimer: このブログは筆者の個人的なものです。ここで述べられていることは全て私の個人的な意見・感想に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。