Amazon.co.jp ウィジェット Related Posts Plugin for WordPress, Blogger... Microsoft Surfaceの発表に未来のノートPCの姿を見た - Drift Diary XIII

« 新型iPadのRetinaディスプレイで標準フォントサイズの概念が変わった | メイン | Macで(非公式)Pathクライアント Journey »

Microsoft Surfaceの発表に未来のノートPCの姿を見た

[[WWDC]]で(参加してないのに)張り切りすぎて電池切れして更新が遅れましたが、[[Microsoft]]から先日発表された[[Surface]]の発表会ビデオを改めてみたらこれはスゴイ面白そうですね。

DSC03648_DxO
(写真は本文と関係ないですw)

僕もWeb記事を読んでたくらいでは、あぁ、MSも[[iPadモドキ]]出すのか位に思ってスルー気味だったのですが、モダシンブログの↓のエントリーを呼んで基調講演のビデオを見てみたら確かに面白い!

MicrosoftのSurfaceを発表したときのKeynoteのビデオ - [モ]Modern Syntax

Surfaceって、タブレット対抗ってよりも純粋なノートパソコンの進化形と捉えるべきですね。

ノートパソコン使ってる人なら、誰しもここでキーボード切り離したいよなぁとか思うシチュエーションがあると思うんですが、そういうのを変わり種パソコンとしてではなく、Microsoft自らがスペックを定義してハードウェアまで出してくるってところに本気度を感じる

しかもこの一見[[Locitech Ultrathin Keyboard Cover]]をパクったようなデザインのカバーキーボードですが、トラックパッドまで配置されてるし、感圧で押し込みの強さとかも取れるらしい。これがどの程度文字入力に革命を与えるのかはまだ不明ですが、Kinnectとか新しい入力デバイスに積極的なMSなので、入力にも革新を期待したいです。

下手にタブレット押しで発表しない方が注目集まった気がするんだけど。。。

ってことでビデオは↓からも見れます。

明日からは[[Google I/O]]でGoogle謹製新型タブレットも発表されるという噂もあるし、まだまだ盛り上がるタブレット市場ですが、Surfaceのアプローチはノートパソコンの進化としてMSに頑張って欲しいなぁ。

って事で、かなり欲しいんですが、最後はWindowsっていう大きなハードルが。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Disclaimer: このブログは筆者の個人的なものです。ここで述べられていることは全て私の個人的な意見・感想に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。